*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100HITありがとうございます!
再び篠咲です笑


100ヒットありがとうございます。


これからも頑張ってやっていきます!



さてさて、キリ番について、後で初めにで、つけたしておきますv


簡単にこちらで説明すると…


キリ番申請してくださった方に何か(絵か小説)さしあげます!


さらにHITで篠咲独自でUPするかとおもいます。


皆さんキリ番申請してくださーいw\(^O^)/



では、100HITを記念して、下で小説更新いたします。

では……








********第一章 一話







「青い葉の観察」






「若松 青葉です。家庭の都合で何回も転校していて、この学校にも少ししかいれないかも知れませんが、よろしくお願いします」
と、その転校生は言った。
その言葉がとても自然に出てきていたので、この人は本当に転校を繰り返しているんだな、と僕は思った。







転校生が来るという噂は少し前から流れていた。
僕のクラスの担任が口を滑らしたからだ。
その時、誰もが不思議に思っただろう。
今、僕達は私立の夢ヶ丘高校の一年生な訳で、月で言うと7月。
丁度定期考査が終わり、学校祭の準備にまっしぐらの頃だ。
そんな時期に転校生が来る。
きっと、余程の事情付きの人だろうと皆が思った。
そしてその一週間後、一年生の間で特に注目された人はやってきた。

先生の後ろを一定の距離でついて教室に入った『彼女』は、確かに注目されるに値する人だった。
赤みがかった茶色の真っ直ぐ伸びた髪。
白い肌。
モデルのようにスラリとした体系。
俗に言う美人が教卓の横に立っていた。
ただし、一部分を除いて。
彼女は何故か右目を隠していた。
包帯と、長い前髪で。
他は全て完璧なのに、その目のせいで何かが欠けてしまったみたいだった。
しかし、それとは逆にミロのビーナスのように、最初からそうであったような印象もあった。
なんとなく、近寄り難いなと僕は思った。
どこから見ても美人な彼女は、何を考えているのかわからなかったから。
彼女はクラスを一通り眺め、担任に言われた空いている席についた。
僕の隣の席。
この席につくだろうなと予想はしていたけど、……いざ隣に来られるとやっぱり少し落ち着かない。







そんなわけで僕のクラスだけHRと一限目の間が見事に潰れ、そのまま授業になったので、彼女に話しかけることは誰も出来なかった。
一限目は英語。
彼女は転校前に教材を買い揃えていたようで、新品の教科書が隣の机に置いてあった。
僕は少しだけほっとした。
もし彼女が教材を持っていなかったら、僕と机を並べて見なければいけないという、注目される事態になりかねなかったからだ。
変な噂になったら嫌だしね。
彼女は今注目されているから余計に。
ただ僕は自他共に認めるお人好しだった。
転校生がきたとあらばやらなければいけないことがある。
そう、自己紹介。
僕は急いで小さな紙に字を書いて、隣の机の上に置いた。


――はじめまして。隣のものです。


彼女は一度首を傾げて、それから中を読み、少し笑った。
その笑顔が僕の目に焼き付かれ、その日から僕は彼女をいわゆる、観察することにした。







→200HITに続く







****あとがき****



まさかの続き物w

やってみたかったんです、これ。
HITごとに更新していきます!


……あ、篠咲初の青春ものでした。


笑わないでよ??
ウソ、寧ろわらってくれたほうがすっきりする←

涼ちゃんあたり、読んでくれたらコメントくれるとうれしいです。



では(逃


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

あはははははははははははははははははははははははっは
笑ってみたwwwwww
100hitおめでとーv
こんにちは、こちらでははじめまして、神田夏美です。こちらの小説、まだ一話だけですが、読ませて頂きました。

不思議な感じの青葉ちゃんと、その隣の僕。この二人がこの先どういう関係になっていくのか、とても楽しみです。
青葉ちゃんの最初の、この学校に少ししかいられないかもしれない、という言葉が何だか切ないですねー

続きもまた読みに来ますね。それでは^^
プロフィール

篠咲紋音

Author:篠咲紋音
↑こんな人です。ウソです。
読み方は しのざき あやね です。

いつの間にかボカロを愛してしまった人です。
あと、一応小説とか絵をかいたりします。
最近は小説メイン。

コメント・リンク大歓迎です!
お友達いっぱいほしいです(´ `*)



*プロフィール*
↑FC2のプロフです^^

黒ねこ時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ありがとうございます



↑ぽちっとお願いしますv
手書きブログ

ついったー
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。