*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3100HIT でも31話目ではないという(ΦωΦ)
3000HITになにかあげられたら良かったんだけど、ていうか短編ならいくらでも書いているのだけれども
その前に篠咲です;

↑の通り、3000HITなにもできませんでした;;
でもいまさっき3131HIT踏んだしちょっとキリ番祭りしよかなと検討中……

さて、HIT小説です。


→第一話

→第二十五話(前回)


では後ほど!








********七話







近付いてくる若松に僕は逃げ出すことが出来なかった。
関係など全くないと言っても、この目で見てしまったのだ。
若松が不良の頂点の如く三人もの女の子を倒してしまうのを。――そう、僕が抱いた第一印象のように。
足下が震える僕に出来ることと言えば、その場でどこか影に隠れようとすること位だった。
そんな僕の努力など無駄に等しく、若松は角を曲がり僕をすぐに見つけてしまう。

「……見てたの?」
一瞬の沈黙の後、若松は明るく振る舞った声で話しかけた。
鮮明に、白黒がわかる声を発する若松にしては珍しいことだと思ったが、それを詮索する余裕などはなかった。
僕は黙って頷く。


「……まさか転校二日目でバレちゃうなんてね。でも、仕方ないのかな。もう……転校しないって決めたんだから。そのうち、全部バレて一生孤立しちゃうのかな……」

自傷するような若松の言葉には、僕にとって考えられない単語が羅列していた。

もう転校しない――?
今まで自分の意思で転校していたのか?家庭の都合なんかじゃなくて?
それに、全部バレて孤立って……一体なんだというんだ?
何が、若松にあるというんだ?

色々なものが頭を錯綜し、僕は胸が締め付けられるようだった。



――興味本意で、キョウコのことを深く深く知ろうとしたために、後悔することとなった。
今、そういう過去の後悔を憶えているにも関わらず、興味に向かって突き進んでしまった。



そうやって、どうして僕の周りには『不幸』な子が多いんだ――……


僕は走り出した。
今日あったことを全部否定するように、遠くへ。



最悪だ最悪だ最悪だ最悪だ最悪だ――……



反省しているはずなのに、もう二度とあんな目には合いたくなかったのに。



――カズキ!



嫌だ。
もう関わりたくないんだ。
内臓がよじれてしまうような、そんな思いはしたくないんだ。

そう心で呟くと、胃の辺りが気持ち悪くなった。

ぐるぐると、でたらめに道を走って、それでもまた若松に遭遇してしまっては嫌なので、少しずつ家の方へ戻っていく。
思い浮かぶのは、どうしてもキョウコだった。

若松のことで逃げ出したはずなのに――
どうしてだ?
キョウコの方が付き合いが長かったからか?
若松のことを考えたくなかったからか?


――僕は、何から逃げ出したんだ?

わからなくなってきていた。
でも、とりあえず――
明日は学校を休もう、と心で呟いた。



長い、長い一日だった。







→3200HITへ続く







****あとがき****

読み返したらひどくつながりがわるそう…
けどとりあえず、青葉のなにかに触れた??というところまでは書ききりました。

次回から哥漉がキョウコとの過去を振り返ります。
しかし、しかしだ諸君。
先に言うのもどうかなと思いながら、キョウコと何かが起きるまでの前置きが凄く長い;
実をいうと書き溜めているにも関わらず、まだその核心に手を出していません;;いや、書くよ;ちゃんと;

キョウコと青葉は似てるといえば似てるんでしょうね。
それはこれから描いていければな、と思います。
かけるかなー不安だなー;;


では、失礼します。





スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

んは
なんだかんだ言ってたけど…
結局またリア充になりました←
あはんwww
今はめちゃ幸せだよー\(^O^)/
元彼とかまぢ死んだらいいさ★笑

今度ダンスイベントある時に
呼ぶから見に来て♪

あと天舞辞めたさー。
9年間にピリオドです(^w^)

これからは
ダンス、軽音、バイト
自学、ダンススクール、スポーツ
で頑張るよよん☆☆☆
プロフィール

篠咲紋音

Author:篠咲紋音
↑こんな人です。ウソです。
読み方は しのざき あやね です。

いつの間にかボカロを愛してしまった人です。
あと、一応小説とか絵をかいたりします。
最近は小説メイン。

コメント・リンク大歓迎です!
お友達いっぱいほしいです(´ `*)



*プロフィール*
↑FC2のプロフです^^

黒ねこ時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ありがとうございます



↑ぽちっとお願いしますv
手書きブログ

ついったー
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。