*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3000HIT ……なんですね。(゜A゜)
またまた一ヶ月停滞……何と言うことでしょう!
篠咲です。

コメントありがとうございます!
今回小説うpしますので、コメレスしばしお待ち下さい……


前回のお話はこちらです。

一話目のお話はこちらです。


では。









********六話








後になってこうしなければ良かったと思うこと、してしまったことを後になって悔やむこと――すなわち後悔。
僕には一度大きな後悔をしたことがある。
それは言わずもがなキョウコのことである。



若松はすぐ近くにある左右の分かれ道で左に曲がった。
僕の家は左側にあるので反対側にあたる。
距離をおきながら近づいていくと、ひそひそとした話し声が聞こえてきた。
僕は曲がり角ぎりぎりまで近づき、話を聞こうとした。

「何シカトしてんだ?青葉」
一瞬男性の声かと間違えるほど低い声で女の人が若松に仕切りに話しかけているようだった。
その人以外にも、ニ人が若松を囲むように立っている。
若松はと言うと、女の人の言葉通りただ黙って目線を斜め下に向けどこか遠くを見ていた。
「不良……ってやつだよな?」
自分で確認するように小声で呟いた。
それにしても、あんな解りやすい不良なんて今時いるんだろうか?
不良という看板を背中につけながら歩いているようなものだ。
そんなことを考えて聞いていると、今まで黙っていた若松が声を出した。

「邪魔」
先程僕に言った時より、数倍冷たい声だった――と分析している間もなく、若松は新しそうな合皮の学バンで目の前にいる人の顔に殴りかかった。
若松は相手が倒れたのを確認する前に、右側にいた人にも懐に蹴りを入れる。
こちらもまたよろよろと、地面に倒れ込んだ。
口元を右手で押さえ、気持ち悪そうにしている。
その様子を今度は確認してから、ゆっくり余裕をもって反対側にいる人を見た。
見られた相手はびくりと後ろへ一歩引き、その場を離れようとしていた。
逃げたくもなるだろう。
実際は無害な僕だって逃げ出したくなるくらい、若松の動きが恐いのだから。
その若松はつかつかと彼女に近づき、右側のポケットから何かを出した。
僕は誰にも見られていないというのに蛙のように動けなくなった。

まさか――?

しかし僕が想像していたものとは少し違った。危ないものに変わりはないが。
若松は刃の出ていないカッターを相手の首にあてていた。
「陸風に関わったら、こうなるって解ってて近付いたんだよね?」
言葉にならない声を発している相手に、若松は良くある不敵な笑み一つ見せずに言い放った。
僕はというと、声すら出せずにその場で突っ立っていた。動くことが出来なかった。


しかし、それが悪かったようだ。
若松は相手の首からカッターを離すと、学バンを肩に掛け直し、こちらに向かって歩き出した。







→3100HITに続く







****あとがき****


……記憶にない、と思って書いた日付確認したら5月28日だった…そりゃないよ記憶w

こんな展開あったかw←


確認してみたら三話くらい先まで書いていて、しかも三話先って展開が全然違うんだよこれがw
早いのかな……?


では。。。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

やほやへ
わたし北区新琴似に
引っ越したぜ\(^O^)/
紋音と遠くなったぜ(ToT)
正反対だぜ(ToT)
まぁ今度来いや(^w^)

わたしダンスも
めちゃ頑張ってるけど
YOSAKOIも頑張ってるけど

軽音入ってバンド組んで
ボーカルになっちまったぜww
あははー…音痴直さなきゃ( ̄∀ ̄)
がんばるぜー↑↑↑

彼氏とはもう
別れるフラグだぜー!
彼氏さいってい。まぢ。
てか、好きな人でけたww

もー…あれだ!
mixi見てください(^_^)v笑
プロフィール

篠咲紋音

Author:篠咲紋音
↑こんな人です。ウソです。
読み方は しのざき あやね です。

いつの間にかボカロを愛してしまった人です。
あと、一応小説とか絵をかいたりします。
最近は小説メイン。

コメント・リンク大歓迎です!
お友達いっぱいほしいです(´ `*)



*プロフィール*
↑FC2のプロフです^^

黒ねこ時計
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ありがとうございます



↑ぽちっとお願いしますv
手書きブログ

ついったー
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。